トップページ > Q&A

Q&A

よくあるご質問と回答です。 ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問合せください。

   

鍼灸治療は本当に効くのですか?

幅広い疾患の治療に対応できる、それが鍼灸治療です。
中には西洋医学で治療するよりも鍼灸で治療する方が有利な疾患もあります。

鍼灸治療は治療院によって様々ですが、当院では全ての疾患において身体全体の気血・臓腑のバランスを正常な状態に戻す「全身調整治療」を行っています。※運動器疾患は局所治療のみも行っています

 疾患を対象にした経穴(ツボ)のみを取るよりも、人の根本的な健康状態を取り戻す「全身調整治療」+「疾患別治療」を行う方がより効率良く、より優れた治療効果を生み出していることを長い臨床経験から実証しています。
治療後には患者様ご自身が心身ともに楽になった感じを実感していただけることと思います。  

ページトップへ戻る
      

中国鍼灸と日本鍼灸の違いは?

中国での鍼灸治療は6年制医科大学の鍼灸科を卒業した医師が行います。
病院内には鍼灸科があり、中医学に基づいた治療法が主流です。中医学の研究は世界レベルにおいて盛んに行われています。

日本における鍼灸も年々研究が益々進んで参り、経絡療法だけでなく西洋医学的観点からの治療などその多様性が広がっています。治療法については流派や個人の技量・経験量によって大きく異なってきます。  

ページトップへ戻る
      

使用針について教えてください。

治療効果の観点と安全性の面から、中国針を完全個人専用針として扱っております。
ご希望の方にはディスポタイプ日本針もご用意しております。詳しくは治療の流れ(使用針について)をご覧ください。

ページトップへ戻る

鍼は痛くありませんか?

痛くありません。 
当院で治療を受けられた患者さんでは「刺している感じすらない」「思ってたほど痛くない」という声が多数を占めています。

ページトップへ戻る
   

灸は熱くありませんか?

熱くありません。 当院のお灸は三種類あり、疾患によって使い分けています。
・知熱灸(3mmほどの小さなお灸。ほわっと優しい熱が伝わります)
・附子灸(肌の上に綿花を敷き、その上に附子と灸を乗せます。芯まで熱が伝わります)
・灸頭針(針の頭の上に被せるお灸。針を中心にして熱が芯まで伝わります)  

ページトップへ戻る
   

感染症の心配はありませんか?

全くございません、ご安心ください。 当院の針は完全個人専用として徹底管理しております。
使用後も個人用滅菌パックに入れたままオートクレーブ処理をしているため、他の患者さまとの針が混ざることも一切ありません。

ページトップへ戻る
   

全身調整治療と局所治療の違いは?

全身調整治療は全ての気血・臓腑バランスを整えながら疾患を治していく治療法です。
疲労改善(肩凝り含む)、心身健康維持の療法も全身調整治療の対象です。

局所治療はぎっくり腰や五十肩などの運動器疾患のみを対象とした治療になります。
※全身調整治療との併用治療も可能です。その際の料金は全身調整治療(局所治療込み)となります。

ページトップへ戻る
   

治療期間はどれくらいかかりますか?

疾患によってさまざまです。 急性疾患ほど早く治癒し、慢性になるほど長くかかる傾向にあります。
急性の運動器疾患や突発性難聴などの急性のものでは1〜3回での治癒が最多。
慢性の運動器疾患は〜15回(月単位)、その他の疾患では月単位〜1、2年単位。
うつ病や自己免疫疾患など体質的に原因が有るものでは年単位の治療継続が望まれます。

※上記は当院での平均治療経過です。疾患には個人差があります。
  治療に関するお問い合わせは0743-57-4748まで。  

ページトップへ戻る
   

治療間隔はどれくらいですか?

週1回が基本です。急性のものでは週2回を要することがあります。
治療経過を診るため、毎日治療する必要はありません。

ページトップへ戻る
   

健康保険は効きますか?

当院では保険治療は取り扱っておりません。   

ページトップへ戻る
NSFレンタルサーバー 奈良県-鍼灸-岩下鍼灸専門院 鍼灸院ナビ Copyright(C) 【中医学療法】岩下鍼灸専門院 All Rights Reserved.