トップページ > 中国針と日本針

治療経過例

治療経過の一部です。(随時更新)ここに載っていない疾患の完治・改善例は多数ございます。お問い合わせください。

突発性難聴・耳疾患

8才・男児(治療回数・1回)
来院時→発症から9カ月経過。右耳に痛み、耳鳴り。聴力は全域において全く聞こえず。これまでステロイド療法、ビタミン剤、鍼による治療を行ったが、回復せず。発症より2か月後、病院にて「心因性難聴」と診断される。

治療後→特殊穴を刺鍼直後、耳鳴りが消え、「耳が聞こえる」と話す。治療後、すぐに耳鼻科へ聴力検査。
       完全に正常域に回復していた。


★7才・女児(治療回数・1回)

来院時→発症から9日経過。左耳・低音域の聴力の低下。他症状なし。

治療後→治療後、帰る際に突然聴力が回復。3年後、今度は右耳が当時と同じ症状になったが、一回の治療で回復。以降、再発なし。


・子供の難聴(心因性や突発性)の場合、鍼治療の即効性がとても早い傾向にあります。また、何らかの原因によって再発しても、治療を行えばまたすぐに回復するのも特徴です。


46才・男性(治療回数・4回 ※完治まで3回)

来院時→発症から10日経過。右耳・低音域の聴力の低下。聴覚過敏。小さな雑音。

治療後→一回目の治療から7日後、聞こえない右耳で無意識に電話を取ったところ、普通に聞こえていた。聴覚過敏も軽くなる。 二回目の治療でさらに過敏聴覚が改善。聴力は携帯の最小音のみ聞こえない状態。三回目の治療で耳内の雑音が完全に消失。聴力回復。


以下作成中

花粉症

作成中

ページトップへ戻る
ご予約はコチラ

メニュー

NSFレンタルサーバー 奈良県-鍼灸-岩下鍼灸専門院 鍼灸院ナビ Copyright(C) 【中医学療法】岩下鍼灸専門院 All Rights Reserved.